このエントリーをはてなブックマークに追加

11月

30

BPStudy#99

株式会社ビープラウドが主催するWeb系技術討論の会

Organizing : 株式会社ビープラウド

Hashtag :#bpstudy
Registration info

一般枠

1000(Pay at the door)

Standard (Lottery Finished)
24/50

学生枠

Free

FCFS
0/3

LT枠

Free

FCFS
1/3

Description

第1部: SI業界の営業の役割と存在意義を一緒に考えよう(19:00〜20:00)

〜プラント系メーカ営業からWebシステム開発業界に転身して思う、営業とエンジニアの関係作りの方法

CMSコミュニケーションズ 寺田学 氏(Twitter: @terapyon

概要

エンジニアからみると、営業は自分の都合ばかり押しとおし、何もしないようにも見えることがあります。このように見える1つの理由として、営業の役割がエンジニアに理解されていないことが考えられます。

本セッションでは、営業の仕事について説明し、その後、エンジニアと営業のより良い関係づくりについて、お互いの立場から問題点を見つめ、関係づくりの方法を模索します。

内容

  • 営業職の2つの役割について(「メーカ営業」と「商社営業(販売代理店)」)
  • 営業のミッション
  • 営業が何を考え、何を行っているか
  • なぜエンジニアと営業の意思疎通が難しくなるのか
  • 営業とエンジニアはどう関わっていくのか、関係づくりの方法

自己紹介

寺田 学 @terapyon (株)CMSコミュニケーションズ代表、Plone/Pythonを用いたWebサイトやWebシステムを構築する会社を経営しエンジニアリング業務も行う。産業電機制御メーカの営業からWeb業界に転身し10年。OSS関連コミュニティ活動も積極的に参加。一般社団法人PyCon JP代表理事やPlone Foundation Ambassadorなどを行っている。最近では、MOOCプラットフォームである、日本Open edXユーザ会の立上げにも参加している。

第2部: PyCon JP 2015の作り方 (20:05〜20:35)

株式会社ビープラウド 鈴木たかのり 氏(Twitter: @takanory

概要

2015年10月にPyCon JP 2015が開催されました。参加者600名規模x4日間のイベントを約50名のスタッフでどのように作り上げていったのかを紹介します。

BPStudy#88 「PyCon JP を支える技術」で話した内容をベースに、2015年の運営で工夫、改善した点についても紹介します。

自己紹介

PyCon JP 2015座長。株式会社ビープラウド所属

部内のサイトを作るためにZope/Ploneと出会い、その後必要にかられてPythonを使い始める。

PyCon JPでは2011年1月のPyCon mini JPからスタッフとして活動し、2014年から座長。

他の主な活動は 一般社団法人PyCon JP理事、Python ボルダリング部(#kabepy)部長、Plone User’s Group Japanなど。

共著書に『Python プロフェッショナルプログラミング 第2版 (2015 秀和システム刊)』『 Python エンジニア養成読本 (2015 技術評論社刊)』 『 Python ライブラリ厳選レシピ (2015 技術評論社刊)』などがある。

3部: LT大会 (20:35〜21:00)

1人10分以内で2、3枠を募集します。ノウハウや経験を共有しましょう!

(参加枠で、「LT枠」を選んで、参加登録してください。参加の際のコメントにLTの時間を記載してください)

懇親会

懇親会はこちらから。飲みましょう!!

発表者

Feed

佐藤 治夫

佐藤 治夫さんが資料をアップしました。

12/01/2015 12:57

佐藤 治夫

佐藤 治夫さんが資料をアップしました。

12/01/2015 12:57

佐藤 治夫

佐藤 治夫さんが資料をアップしました。

12/01/2015 11:34

terapyon

terapyonさんが資料をアップしました。

12/01/2015 11:08

Takuro Wada

Takuro Wada さんが書き込みました。

2015/11/30 17:49

LTで申し込んでおりましたが、外すことが出来ない予定が入ったため欠席とさせて下さい。直前になってしまい、申し訳ありません。

Shinichi Nakagawa

Shinichi Nakagawa さんが書き込みました。

2015/11/11 14:16

LTタイトル「野球Hackを支える技術」時間は5〜10分でお願いします(10分希望ですが登壇者多数の場合は5分でOKです)

Takuro Wada

Takuro Wada さんが書き込みました。

2015/11/09 21:01

LTで申し込みました。発表時間は10分でよろしくお願いいたします。

佐藤 治夫

佐藤 治夫 published BPStudy#99.

11/09/2015 11:50

BPStudy#99 を公開しました!

Group

Ended

2015/11/30(Mon)

19:00
21:00

Registration Period
2015/11/09(Mon) 11:50 〜
2015/11/30(Mon) 21:00

Location

代々木研修室 Kビル会議室A室

東京都渋谷区代々木1-32-11 (Kビル4階)

Attendees(25)

水殿

水殿

BPStudy#99 に参加を申し込みました!

nyoshi999

nyoshi999

BPStudy#99 に参加を申し込みました!

7pairs

7pairs

BPStudy#99 に参加を申し込みました!

shimizukawa

shimizukawa

I joined BPStudy#99!

犬

BPStudy#99 に参加を申し込みました!

inu

inu

BPStudy#99 に参加を申し込みました!

kaneda

kaneda

BPStudy#99 に参加を申し込みました!

0319ytskmt

0319ytskmt

BPStudy#99 に参加を申し込みました!

岡田 正平/おかしょい

岡田 正平/おかしょい

BPStudy#99 に参加を申し込みました!

kenichi_tuchiya

kenichi_tuchiya

BPStudy#99 に参加を申し込みました!

Attendees (25)

Canceled (16)